無常なる理想郷
移転しましたよ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シムーン 第26話 「彼女達の肖像」
2006年09月26日 (火) 22:36 | 編集
Simoun(シムーン)3
Simoun(シムーン)3新野美知 高橋理恵子 小清水亜美

バンダイビジュアル 2006-10-27
売り上げランキング : 298


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



近年、稀に見るよい最終回だったのではないでしょうか?

同日にうたわれるものの最終回もあったわけですが、こちらもすばらしいまとめ方をしてくれたので個人的に大満足。


変に伏線を残してたりするのですが、そういうアニメ特有の後味の悪さはなく、逆に好印象でした。

個人的に、尺が足りなかねぇよ~とか思ってたりするのですが、これでよかったと思う自分もいたり……。
あれ以上語っても作品の雰囲気が壊れそうでいやなのですが、すべてを知りたいという自分もいたり。
まぁ、微妙なところです。




続きに、ちょっとネタバレな感想を。


大人に成長したシヴュラの姿に多々、興奮。
モリナスはお腹膨れてるし、ロードレは美人公務員だし、パラさまはお母さんだし!

フロエは男じゃねぇとか個人的に思うわけですが、もう少し肌が白かったら、ショタ系としてやってけると思います。


んで、一番の出世頭はリモネだと思うのですよ、リモネ。
一部のファンからは嘆きの声が聞こえそうな気がしますが、個人的にはかわいく美しく成長してくれてホントに満足満足。
オナシアの粉みたいなのを残してくれたっていう伏線を残してくれたのも彼女ですがw

もしかするとリモネが「アーエル」の言葉の意味を伝えたんじゃないかな。
おいしいな、リモネ。



そして、グラギとアヌビ。
美しすぎる。
シヴュラの皆様方よりスタッフの寵愛を受けている気がするのは気のせいですか?
惚れたね。






全体として、おぉとか見せ所満載の最終回でしたが、アルクスプリーマがなぜ墜ちている? アーエルたちは結局どうなった? などの疑問点もあったりします。

特に、アーエルたちはラストのオサレダンスとか見てると、世界と一体化した。とかユン(ていうかオナシア)とは違う、完全なる永遠の少女になったとかいう印象を受けます。
リモネたちの時代に跳躍したっぽい描写もあるので、ただの時の旅人という線も捨てがたいです。


まぁ、先に述べましたが、本能的にすべて知りたい訳です。
ですが、謎は謎のまま。これはこれでいいような気がします。

なぜかって?

「美しければそれでいい」からです。


期待通りの名作でした。

スタッフの皆さんお疲れ様です。




でも結局、翠玉を用いても、戦争のない未来が訪れることはなかった訳で……。
うーん。
美しければそれでいい?


「パラ様の息が……」
の次が、「くさい」とか思った私は不敬者でしょうか?

ああ、それだとまったく美しくないや。








1クリックが大きな励みに!

スポンサーサイト






1クリックが大きな励みに!



コメント
この記事へのコメント
おす
激励いただいたんで遊びに来たョ(・∀・)ノ
一ヶ月くらい前に、すごい大どんでん返しをくらったばかりで、最近ようやく復活気味デス。

ローゼンは元カノが好きだったのでよく見ていましたが、最近はもっぱら海外ドラマ。
新しいアニメもぼちぼちチェックしていきたいと思います。
新しいブログ登録しなおしておいたよ。

紫が東京にいっちゃって退屈な毎日。

また書き込みします(* ^ー゚)ノバイバイ
2006/09/28(木) 00:21 | URL | 橘 #VMYd5b5U[編集]
返事が遅くなって申し訳ない。

復活できて何よりなのですが、あまり無理しないでな。


海外ドラマってフルハウス以来見てないですな、私は(ぉ
2006/10/04(水) 02:37 | URL | 虚空 #-[編集]
面白かったです。また遊びに来ます。
2008/11/18(火) 02:33 | URL | カナ #-[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/06/25(木) 04:27 | | #[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/07/02(木) 14:07 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ここまで余裕を持った最終回って素晴らしいですね。何かと最終回は急展開が当然のような風潮になっていますが、基本的には最終回を後日談に出来るぐらいの余裕を持った構成をどの作品でも心がけて欲しいものです。まあ何
2006/09/26(火) 23:03 | angel notes.
えーとですね、今回は感想がかなり書きづらいです。話の流れが未来に行ったり過去に行ったりと大変なんです。とりあえず本来の流れとは違いますが、過去から未来になるように記事を書いていこうと思います。 アーエルとネヴィリルが飛び立ちましたが、すぐに翠玉のリマージ
2006/09/26(火) 23:04 | ボス?邪魔なんだよ!
= おいっ! ラスト数カットは明らかにおかしいだろっ!!!(´Д`lli) =最終話だというのに第一声がこんなグチですみません{{{ラストにオサレ音楽とダンスを持ってくるとは思わなくて・・・ORZ }}}'''私の感動ポイントから脱線しまくりの演出にどうもねえ・・
2006/09/26(火) 23:21 | 時空階段
最終回。寂しい…。本日一番笑ったとこ。パラ様の息w「えーやだぁー」ロードレさりげなく嫌がってるしwしかも、どこをどうしたら頬にすりすりの流れになるんだあんたら。カイムはパラ様から直々のアプローチ(?)で嬉しそうwフロエの鼻のかみ方にちょっと男を感じた。っ
2006/09/26(火) 23:45 | 旅のお供に
 シムーン simoun■シムーン最終回です。大人になることを選択したシヴュラたちのその後が描かれていて大変興味深い最終回でした。■まずはパラ様。ものすごく女性らしくなってなにやら孤児院のようなものを運営し
2006/09/27(水) 01:32 | アニメのせまくてあさい森
「彼女達の肖像」 すばらしい最終回でした~(#^.^#) 時の流れを描ききって、
2006/09/27(水) 09:54 | Brilliant Corners
シムーン 第26話(最終話)「彼女達の肖像」いよいよ、最終回です。
2006/09/27(水) 18:09 | 恋華(れんか)
シムーン 9月26日付 第26回「彼女達の肖像」ついにシムーンも最終回だ。幸いなことに狂気に満ちた行事週間は終焉しているのでゆっくりと見れた。流石はシムーンとしか言いようがないような気がするのは何故であろうか。アー
2006/09/27(水) 18:11 | 第23軍日常報告
・当時は自分たちが何をしたいのかよく分かっていなかった。・今でもハッキリとは分からない。こらこらw で、・少女のままでいたいという夢を託したのではない。・今ここにいたということを刻みたか
2006/09/28(木) 03:04 | ■■テラニム日記2■■
サブタイトル「彼女達の肖像」  アーエルとネヴィリルが旅立ってから数年が経過した。  再び戦乱が起こりそうな不穏な世界で、かつての「少女」たちはそれぞれの人生を歩んでいた...
2006/10/01(日) 15:00 | オヤジもハマる☆現代アニメ
本当に今更だけど、「シムーンを応援するブログ」と言ってしまったからには、このま
2006/10/17(火) 13:44 | NEJI-note
『SIMOUN』のネヴィリルです。背景は、戦闘母艦【アルクス・プリーマ】の窓から見下ろした景色という事にしといて下さい。決してネヴィリルが、単体で空を飛んでいる訳ではありません( ̄∇ ̄;)ちょっとキツめ
2006/11/11(土) 17:01 | ゆったりイラスト空間
品質評価 72 / 萌え評価 16 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 16 / お色気評価 11 / 総合評価 19レビュー数 18 件 アーエルとネヴィリルは旅立った。時は過ぎ、少女だった彼らは大人になり、それぞれの人生を営んでいる。同じように、リモネとドミヌーラも……。
2007/09/11(火) 22:45 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。